マンナカハウス

竣 工 : 2017.04

所在地 : 愛知県名古屋市

物 件 : 戸建てリノベーション(一部)

構 造 : ーーー
面 積 : 117.02㎡(改修部分は55.89㎡)

協 賛 : Brain Sawazaki Photogtaphy 澤﨑信孝

満点の家をつくりたい③ 〜東海の建築家とつくる家〜 建築ジャーナル/編
建築ジャーナル 2018年4月

 木造戸建てのリノベーション案件。 懐かしい昭和の仕様に包まれた空間。昔ながらの別々の部屋で構成されていた間取りを「出来るだけ一体的に使用できるように!」という希望を形にした。

 まず調査を始めてみると、どうしても抜けない柱が1本あることが判明する。 それは、屋根組を支える丸太梁が交差する所に位置する柱。 一体的に使うには少々デメリットのように見受けられるが、これを逆手に取り、施主の要望をまとめて空間構成を行った。

 この改修計画範囲のほぼ「真ん中(マンナカ)」に位置する立方体のボリュームがまさにその柱(=抜けない柱)の位置するところである。 普段の生活において、視覚的にも中心となる場所なので一番思い入れのある素材=赤いベネチアンガラスのモザイクタイルを選択した。 シンボル的な「真ん中(マンナカ)」を作る為、プラン全体を回廊型にて構成。また「応接間・和室・キッチンという南北の動線」と「従来の玄関ホール・北側サニタリーの動線」も併せて配慮する計画とした。

 色々な所に施主の想いを少しずつ詰め込み、それらが上手くまとまるよう現場にて調整。思いもよらないところに斬新な発見がたくさんあり、自分自身の今後の設計活動の幅を広げられた案件であった。