▶ WORKS

photo by  m5_architecte

J-S

竣 工 : 2022.11

所在地 : 愛知県北名古屋市

物 件 : 住居からのコンバージョン

構 造 : 木造平屋建て
面 積 : 54.31㎡

名古屋鉄道犬山線の西春駅脇にある小さな古い住居を事務所空間へコンバージョンしました。

 

この建物は戦前からあったと言われており、80年は経っている木造の建物です。

工事前の状態は、6帖二間の和室に、玄関スペース、大きめの倉庫を兼ね備え、建物奥の僅かな空間に水廻りを増設してありました。

 

新しい住居空間へのリノベーションも当初お話しはありましたが、電車の線路脇という立地もあり、音や振動の問題から事務所スペースへと変える方針となり、老朽化の酷かった水廻りの増築部分は全て撤去(減築)した上で、最低減のコストで計画を行いました。

 

外観は以前のトタン板のイメージを踏襲することで地域との一体感を残し、その上で道路との間のほんの僅かなスペースも植栽を植えることで、以前のバラック的な印象とは違い、爽やさ・優しさが生まれました。そして前面道路は、北に位置する神社から延びる一本道でもあり、今回のプロジェクトがこの通りの少しでも明るい雰囲気を創り出すことに寄与できることを願います。

 

室内の仕様に関しては、コロナ禍、物価高騰などの影響もあり、現在の一般的な事務所の仕様では敢えて進めず、建築物として成り立たせるの材料以外のものを一旦そぎ落とし、最低減必要となる機能のものだけを拾い上げました。空間自体は、小屋組がトラス構造となっているため、広がりのあるボリュームが確保できることから、今後のこの場所の展開を見据え、多用途でも上手く使えるよう、間仕切りなどの隔てるものを削減した間取りとなっています。

 

令和の時代でも戦前に造られた素朴な構造、また使用されている金物の経年を身近で垣間見れるのは、この場を事務所として使用している弊所にとって、かなり有意義な空間とも言えます。

 

▶ WORKS