■ ニコモプロジェクト<旧猪子家修繕・改修>


  竣 工 : 2017.09(建物竣工は昭和九年)

  所在地 : 三重県志摩市

  物 件 : 古民家活用

  構 造 : 木造伝統工法 平屋建て
  面 積 : 104.59㎡(母屋)39.62㎡(蔵)※延べ床

!! pick up !!

 「登録有形文化財」に指定されました!2018.03.27

 ウッドデザイン賞 2017 (JAPAN WOOD DESIGN AWARD 2017) 受賞

=旧猪子家活用プロジェクト=

〜志摩・人の場所を編む〜

 

この猪子家には三つの大きな要素がある。

一つは昭和初期に建てられた木造の平屋住居と蔵。

今回傷んでいた部分を復旧し、一部を改修・修繕した。

 

もう一つは広大な森の空間。

昔は家の庭に立つと近くの海が見渡せていたが、

現在は木々が大きく育ちその視界を遮る。

 

最後の一つは時間。

猪子家の歴史と現在を結ぶ時の流れは人を惹きつける。

自然は日々細やかに変化する。

森や農地や人の住む陸域と、多くの海の生き物を育む海域が

密接に繋がる志摩は、沿岸域ごとに独自の生態系を形成する。

そして、人々の暮らしや活動もまたその中で変化する。

 

過去から現在の時間軸の中で

人と自然の絡み合う「場所」「生」「時」は、民俗学・芸術など、

志摩の文化にも多くの魅力を創り出した。

 

今を生きる我々はこれらを見据え、人との交流の中で

繋ぎ合わせ編み合わせ、志摩を世界に発信しながら未来を創る。

 

この場所と、ここに九十年の時を経て建ち続ける木造建築で

それを具現していきたい。

 

photo by  m5_architecte