NO.017 2016.04.26 三和土(たたき)

=伝統的な工法の良さ=

設計からは少し離れますが、昔ながらの三和土(たたき)の施工に携わりました。
この旧家の門構えには、昭和初期の頃に施工された三和土があり、数十年という年月が経つにつれて不陸が大きくなっていました。

 

計画当初は耐久性のあるコンクリート(モルタル金ゴテ仕上げや玉砂利洗い出し等)にしよう、という話しもありましたが、ここは思い切って修繕という選択肢を選びました。

三和土とは「3種の材料を混ぜ合わせる」ことが由来のようで、ニガリと消石灰、土や砂利のことを指します。今回は色目を加味し、黄土を使用しています。

 

割れの懸念もありますが、こういった工法は見ていて本当に気持ちの良いものです。
単に自然素材だから、ということだけではありません。
言葉に表せない安心感というのでしょうか、作業前も、作業中も、仕上がり具合も、見ている方は肩の力が抜けてホッとします。

(気を抜いているわけではありません!!)

 

また、今回施工していただいた”九一”さんも滅多と出来ない工法とのことで、若い職人さんに対しての数少ない指導の場としても活用していただきました。
”九一”さんは漆喰塗りを中心に伝統的な工法の良さを次世代に繋げる活動をしてらっしゃいます。

 

小さなお仕事ですが、いろんな意味で素敵な時間を過ごさせていただきました。
割れの具合は乾燥度合いを見つつ、今後数ヶ月は様子見です。

 

六浦 

※詳しくは「株式会社  漆喰九一」さんのブログに乞うご期待!!




NO.016 2017.01.01 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます

 

旧年は格別のご厚情いただき、お世話になりました皆様、またHPをご覧いただいた皆様、には心より感謝申し上げます。

 

昨年末より良いご縁をいただき、厳しくも、新しい発見のあるパワフルな日々をおくっております。

不慣れなことばかりで毎日が勉強!!今まで以上に“ギュッ”と気を引き締め取り組んでおります。

 

本年も皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げると共に、ここで得る知識や経験が将来ご縁のあった皆様のためになるよう、精進致します。

 

堅苦しい内容ではありましたが、どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

※hozzやLIMIAなどの外部サイトに当事務所のページを設けておりますが、問い合わせに関しては、当HPの「contact」に掲載しておりますメールアドレスまで直接ご連絡ください。

 

六浦



NO.015 2016.06.21 模型博物館へ!

=模型倉庫ミュージアムにて=

 

先日の出張の際、東京の模型博物館へ行ってまいりました。

最近、“見る”という行為がめっきり少なくなってきて、少し脚を伸ばしてみました。


丁度、その日がオープンと言うこともあり、その道らしい人や学生さんが展示品をマジマジと見ておりました。

 

戸建ての模型から、公共案件、スタディ模型など、雑誌で見たことのある物件の模型も数多く展示してありました。

一部破損していたり、ボードが沿っていたりするのは、どこでも同じなんだなぁ、というところがあり、その点は正直ホッとしました。

ただ、1つ勉強になったというのか、衝撃だったのは・・・
実際の「インテリア模型」というのを初めて拝見したことです。

本当に別格です。ただただ、凄いのひと言でした。

 

プロの方が造った完成模型(戸建て等)は、以前も拝見したことがあります。でも、本当にこれは全く別物でした。縮尺が大きく造りやすいから、とう感じではありません。

 

模型造りは大好きですし、そこそこキレイに造れると自負しておりましたが、当たり前の話し、完敗です。

“自分の目で見る”、ということは、建築だけに限らず、どんなことにおいてもやはり必要なこと。

 

・・・最近、ネットショッピングが多くなってきた今日この頃です。

六浦



NO.014 2016.06.14 職人さん

=大工さんの手=

 

設計業務をしていると“自分の描いた図面”や“工事に関係したところ”しか見ていない時が良くあります。その図面通りに造られているか!?ということが工事中の設計の業務であり、納まりが悪いところは工事中に幾度となく修正していきます。

 

今回、ちょっとしたご縁があり、いつもお世話になっている大工さんの手元を撮影しました。

 

昔ながらの作業を写真として納めたい!というご無理を聞いていただき、建具の木枠を鉋(カンナ)で削る作業を撮影しました。

 

この方は10代の頃から大工一筋。大阪万博の頃で20代半ばだった!とのこと。年齢は私の父親よりも上です。

 

多くの方は、鉋掛けでその人の技量がわかると言います。

「俺なんかを撮っても仕方がない。もっと腕のイイ大工さんはいっぱい居る!」と謙遜気味でした。

 

ただ、こうして撮った写真を見る限り、その手に歴史を感じるのは私だけでしょうか?この方の長い経験の中では、良い仕事、悪い仕事、いろいろあったかと思いますが、現にこうして、60を超えて尚、鉋を使って仕事をしているという事実は変わりません。

 

上を見ればキリがありません。ですが、鉋掛けをする大工さん自体が減っています。

既製品が悪いとは言いませんが、こういった仕事も本来残すべきことではないでしょうか?

 

ご縁があれば一度ご検討下さい。

六浦



NO.013 2016.05.19 一夜かぎりの想い

=光りと想いの作品「ヒトトキ」=

〜ニコモプロジェクト建屋 土壁ワークショップにて〜 

 

土壁塗りを前日に控えた台所のボリューム。 


アルミサッシを撤去し、木製建具を設置。
壁は当時の様式に戻すべく、竹小舞を編み直した。


ふと思い立って夜に訪れてみると、明日塗り上げられる小舞の壁はステキな「作品」となっていた。

自分たちで編んだ小舞と、工事用の投光器が1灯。

ただそれだけのことであるが、そこには施主の思いが沢山詰まっている。

「建築は芸術だ」と考える設計者は多い。
私もその事に関して、頭から否定はしないし、そのような設計を目指していきたい、という希望はある。


ただし、それは
単なる“設計者のエゴ”では成立しえない法則であり、施主、設計、施工の三者が同じベクトルがあってこそ、初めて成立することと思う。

そんな “想い” が垣間見られた「ヒトトキ」であった。

 

六浦



NO.012 2016.05.04 昔の建物が集まる博物館にて

=どんなバランスでも!?=

 
世間はGWの真っ直中。私も家族サービスをと、車を走らせること1時間。

伝統文化財に指定されている建物が集められている博物館へ。

 

「Frank Lloyd Wright の帝国ホテル移築展示」は資格試験に出題されるほど、超が付くほど知られており、明治時代の住居や公共家築物を保存してある、このあたりでは有名な所です。

 

今回の目的には、もうひとつあります。進行中の物件のため、「建具の観察」をすること。

さしずめ・・何か取り入れることが出来そうな表現はあるのか?といったところでしょうか。

 

この博物館は、今回で4回目ですが、毎回目的が違うので新しい発見があります。

見逃している建物もありますし、意識して見ている所が違うのかもしれません。

 

「建具の観察」と言う事で、デザイン・金物・装飾・縦横の比率・枠周り納まり、などなど、

子供の面倒も見ず、ひたすら写真を撮りました。

 

 

そして1つの結論。

縦横の比率に関しては、こういったデザインの場合、あまり気にしなくてもよいのかなぁ?・・と。

 

フラッシュと言われる"ノッペリ”とした建具の場合、ある程度比率を気にして設計しますが、これらのような框扉は、細長くても、ズングリムックリでも「それはそれで味である」と思えました。

 

多くは、一般の方が言う"カントリー調”。でも何か違うような気がます。

 

障子、襖、扉、引き戸、程度は区別されていますが、その中の細分化はどうなんだろう。

専門的に「建具の部類」ってされているのか、かなり気になりますね。

 

 

六浦



NO.011 2016.04.16 出会い

=フラフラと・・=

 

忙しさを忘れるためか、目的もないまま(温泉に入りたい・・という気持ちはありました!)景色の良い道をフラフラ気の向くまま走っていました。

途中、目にとまった観光看板に誘われて、神社でお参り。

 

ふと、気がつくと、なにやら川のせせらぎが聞こえる奥の方、惹かれる空間に目がとまりました。

 

奥へ進むと、寂れた木造が二棟。どうやら休憩所を営んでいるお店。
木造の管理棟(昔は旅館だったのか)、もう片方は特別なしつらえのお座敷でした。

 

ただ、ただ者ではない感が漂っています!!

お聞きしたところによると、ちなみに築90年。
痛みが激しく、毎年大工さんのメンテナンスはしてもらっているものの、年に数回のみ使用するとのことでした。

 

しかも、真壁の聚楽は「桃色」!?仕様。
とてもハイカラ、且つ魅力的な建物で正直驚きました。

聚楽が桃色なのは、管理者の方が生まれる前からだそうで、建設当初なのでは?とのこと。

根継ぎもしてあり、壁のクラック、透きは皆無。床は少々たわみましたが、しっかりメンテナンスが行き届いているようでした。

 

川のほとりにある休憩所で、とてもおいしい濃茶とお菓子をいただき、

心も、お腹も共に非常に満足なひと時。


どうやら、パワースポットらしく、私もパワー・・もらえているはず!

だと良いですね。

 

※普段は見学できませんが、特別に少しだけ見せていただきました。

  本当にありがとうございました。

六浦

 

追記 2016.11.12

桃色漆喰に関して「弁柄色」と修正いたします。



NO.010 2016.03.22 石のコト

=素直な気持ち=

 

年末年始にかけて、めまぐるしい日々を送ってきました。
前も後ろも見えず、右も左も気に出来ず・・という感じでした。

 

しかし!それではハッキリ言ってダメですね。

おもしろくないし、頭が逆上せてしまう。

 

そんな中、ご縁有って、とあるプロジェクトに関係した”採掘現場”を見せていただく事に!

 

ほんのひと時、滞在したかどうか定かではありませんが、

現場の雰囲気に目が覚めました。

 

無造作に積み上げられている石と、その脇に置かれている磨かれた石。

話しによると、後者は製品にならないハジかれた物とのこと。

 

正直、私はあまり石については詳しくありません。仕上材のタイル貼りか石貼りか、程度での知識です。 

 

でも正直、本当にキレイでした。

何も装飾がされていない・・からかもしれません。

 

現在想い描く構想が、この石を使って上手く表現が出来れば!!

この他にも候補の石はあるのですが、何か引っかかっており、やはりこういう物は、自分の目で確かめないといけませんね。

 

・・でも、今日は少しだけパワーが足りませんでした。

筋肉痛のせい?だったかも!?

 

六浦



NO.009 2016.01.21 ニコモ、改め“志摩コレ”再訪!

=受け継ぐと言うこと=

 

2016年、最初の訪問。

ここに来ると何故かホッとする自分がいます。

現実逃避・・なのかもしれませんね(笑)

 

忙しさのあまり、今回はあまり“アンテナ”が張れていない状態での訪問となり、何かいつもとズレている自分がありました。

 

ですが、その分!!枯れ枝燃やしや竹伐採などをお手伝い!!
気づいたら汗びっしょりとなっており、ちょっとだけスッキリしました。

 

現在、建屋の復旧は室内側の左官工事中。

 

とても綺麗な「中塗り仕上げ」となっておりました。
さらにこの上から仕上げをするか、否か、左官屋さんと相談し、その後畳みを入れ、建具工事と移る予定とのこと。

また、重要なのは設備関係。色々な選択肢があるので取捨選択が難しいです。色々な「想い」を整理して、何が適しているのか!?要検討です。

 


今年の春で3年目。

ハード面然り、ソフト面然り、まだまだ考えることが沢山あります。

 

しかし、この建物に対する「想いを受け継ぐ」という形は出来つつあるようです。そして・・私の方がちょっと置いてけぼりな感じで、全く予想しえなかった事もしばしば。

 

ダメですね。

時間的な余裕は常に持つべき!とつくづく痛感した今日この頃でした。

 

 

 

六浦



NO.008 2016.01.08 墨出し

=建築の現場用語はムズカシイ!=

 
今年の年始は工事現場から始まりました。

現場の中では、教科書に載っていない色々な言葉が飛び交います。

もちろん!学校や資格試験の勉強でも習いません。
ただし、これはどの業種でも言える事なのですが。

 

只今、リノベーション現場が、墨出し作業の真っ最中です。

木造であれば、おおよそ理解がありますが、RC造は少し勝手が違うもよう。

木造なら、木の柱芯からいくつ・・といったやり方のみで良いのですが、
どうやらRC造はさらに一手間加え、柱から一度一定の距離で墨を出し、
そこからいくつ・・という方法を取っているようです。
今年も早々ひとつ勉強になりました。

これを「逃げ墨」とか「柱墨」と言うそうです。
どおりで “柱芯1,000”と書いてあるわけです。初めは “柱で1000”と見えましたが。。
 
木造でもこんなことするのかなぁ。

現場には、さまざまな経験が転がっています。気づくかどうかは、その時の余力次第ですね。

ちなみに・・・「墨出し」ってわかりますか??
これ以外にも、地域によって漢字の読み方が若干違う場合もあります。

設計だけでなく、現場もしっかり知らないといけませんね。

 

六浦



NO.007 2015.12.08 National製!

=ハイ丸とハイ角=

 

最近、少し古いモノに興味津々の毎日です。

古いモノを見つけては、あぁいいな。とのぞき込んだり、写真を撮ったりしてしまいます。
別に新しいモノが嫌いというわけではありません!興味をかき立てられる、という感じです。

今日は、昭和時代の電気関係の骨董品!ハイ丸ハイ角のスイッチやコンセントを譲り受けました!

ふくろにギッシリ、プレートやスイッチが入っていまして、もうワクワクしながら確認しました。
久しぶりにこんなに高揚してしまい、完全に職業病でした。

私の家のスイッチやコンセントは今でも一部このタイプが付いていますが、取付は原則不可。
時代の流れによって、今は付けてはいけないことになっています。

こんなにデザイン的に優れているのに・・と、少し寂しい思いです。

とは言え、何かに使えるかもしれない、いや、何かに使うために!!ひとまず倉庫にストックしておきます。でないと、廃棄処分という結末は免れず、それではあまりにも残念。

いつか日の目を見られることを祈って!!

 

六浦



NO.006 2015.11.26 滋賀の工務店さんを訪問!

=初心に還る想い=

 

自分の事、他人の事、ここ数週間、へこたれそうなくらい忙しく日々を過ごす毎日。

大先輩設計士さんのご縁のもと、
この日は前々から民家工法(伝統工法)を主として行っている滋賀の工務店を訪問する事になっており、寝過ごしそうになりながらも電車に飛び乗り、名古屋の待ち合わせ場所に。


目的地に着いて、建物を見たり、代表のお話し、また建てたお施主さんの現在の強い想いを聞いているうちに日々の業務にへこたれている自分がアホらしくなりました。

自分は何の為にこの仕事をしているのか、すこし前が見えて無かった気がします。

今回はブログは堅苦しい内容になってしまいましたが、タイミング良く何かしらのきっかけがあることに感謝感謝!!

余談、基本的に私、木造大好きです!・・・まだまだ勉強が足りませんが。

 

何が好きか、と問われると困ってしまいますが、強いて言えば、「生」でしょうか。
古材も新材も、製品化された物も「木の生が見えるから」と、このブログを書きながら思います。

さて、今回の建物は、玉石に柱が乗っているだけの“石場建て工法”というもので、また柱や梁の緊結に込栓を使う、昔ながらの工法で建てられており、非常に高度の高い手法です。

 

この規模の新築住宅でも、この工法を取ると、高層ビル並みの構造審査が必要となります。

(何故かというのは、説明に難しく、また私の勉強不足故、割愛させていただきます。)

しかし、一般的な事では為し得ない何かが、その先にありそうな期待感があります。

機会あれば、是非挑戦したい。

 

六浦



NO.005 2015.09.08 ニコモプロジェクト 志摩市大王町波切を探索!

=“外構” 計画の必要性=

 

ニコモのある賢島からほど近い、大王町波切を訪れました。

活気のあった港町の面影は・・・という話しはさておき、とある住宅を見た時、ふと思いました。

 

いたって普通の住宅。地元の工務店さんが造ったのかもしれません。

でも、足を止めて考えるくらい、ちょっと違う雰囲気があります。

なぜなんだろう?
答えは、手前にある年季の入った石垣。

コストのせいか、新築工事でも外構工事をせずに引き渡しする事が、一般的には多くあります。

理由は様々ですが、外構も大事な要素のひとつ。
改めて勉強になりました。

六浦



NO.004 2015.10.07 必要なモノと不要なモノ

=こだわる度合いを見極める=

 

春先から再度募集をしていましたCRT-101に入居者が決まりました!
空きが長く、やっとこさ・・というところです。

 

賃貸のリノベーションは一般住宅とは違い、そこを使用する施主が不在であること。

且つ、その人の希望を満たすような形造りをする・・わけでは全くありません。


家賃価格の設定、その地域の需要と供給、不動産屋の手腕と顧客層、物件の築年数と住戸のスペック、いろいろと考え出すとキリがありませんね。

 

良いモノは良い、はずなのですが、コレばっかりはご縁としか言えません。

・・好みもありますが。

 

でも、ひとつだけ!
そこに入居していただける方は、ココを気に入って決めていただけた!!ということ。
設計段階からの数あるの希望の内、一番の目標を達成できたので、ひとまず良し!としましょう。
この類のリノベーションは結構難しいですね。とっても勉強になりました。

六浦


NO.003 2015.09.08 ニコモプロジェクト 志摩再訪

=自分自身の専門性=

 

来年度のサミット開催が決まり、最近何かと話題が絶えない賢島の“ニコモ”を訪れました。
晴れたら外壁の塗装作業を行う予定でしたが、あいにくの雨もよう。
その他いろいろとありまして、作業自体は来月以降へ延期となりました。

夜はお施主さんのご提案で、市の“総合計画審議会”を傍聴させていただきました。


志摩市の今後のビジョンを話し合う大事な委員会です。

ニコモのお施主さんは委員会の委員で、その辺りの全体的なビジョンをお持ちです。

内容は割愛いたしますが、町のことはもちろん、市民のこと、産業のこと、などなど。

ひょんなご縁で繋がったこのプロジェクトですが、いつも迷いながら勉強させていただいています。

 

建物を建てるだけが建築ではありません。私は“Architect=創造者”のような感覚でいます。

今の自分から“設計”という、たったひとつのカテゴリーを取ると何が残るのか・・。

日々の業務だけでは何か違うと、最近良く思います。
このプロジェクトで関わる方々は、私よりもひと回りもふた回りも大きく感じます。

 

 

六浦


NO.002 2015.08.30 大阪・京都の木造建築巡り

=最近の“気になる”スケール感=

 

“木愛の会”が主宰する大阪京都の木造建築巡りに参加致しました。

普段は見せていただけない特別な場所や、聞く事の出来ないお話しが聞けて、とても有意義なひと時を過ごしました。
ありがとうございました。

で、早速本題なのですが、最近気になるスケール感があります。
それはと言うと・・・「高さ」の話し。

少し前までは、住宅と言えど「リビングは出来る限り、広く高く」なんていうのが一番快適だと思っていました。

でも、最近は「逸脱しない人並みのスケール」が心地よく感じます。

 

障子や襖の高さって、現代人のちょっとズレた?感覚を戻してくれるかもしれませんね。いろんな意味でメリットがありそうです。

 

六浦



NO.001 2015.08.24 竹中大工道具館 "Takenaka Carpentry Tools Museum" 訪問

= “四方鎌継ぎ” って!?=

 

日頃、大工さんと接する機会が多いこともあり、是非行ってみたかった“竹中大工道具館”へ足を運びました。

外観・内観共にきれいな建物で、さすが竹中!と思いましたが、私が恥ずかしかったお話しをひとつ。

“四方鎌継ぎ” という継ぎ手があります。一般的には鎌という細工はひとつだけの場合が多いですが、これは材の四面にこのような細工がしてあり、もちろん、ひとつの場合よりも強いです。

・・で、どうやってはめ込んだか、が問題です。
こんな仕事をしている私も悩みに悩みました。最終的には、おぉ!!ということで、解決。

それっぽい人が15分もこのサンプルの前で立ち止まっていたのは、お恥ずかしい話しでした。

 

六浦