1  2  3  4  5  6

→ HOME


2017.12.25

 

クリエイターがこだわって使用している品々を紹介したサイト「my best」において、普段から住宅設計を行う際に愛用している道具10選を紹介いたしました。

 

「施主と設計者の距離が縮まるようなもの」という観点から、いつも使用している愛用品をピックアップしてみました。

施主や設計者はお互いの意思疎通を大事にし、その上で協力し合って創り上げるということが重要になってきます。
設計事務所への依頼はどうしても敷居が高いと思われがちなのですが、そんなことは決してありません。これをご覧になって、少し立ち止まって考えていただけると幸いです。

 

「1級建築士が住宅設計で使うこだわりの道具10選」@my best


2018.2.16

日本版「homify」に当設計事務所が携わりました “通り土間のある家” のダイニングが掲載されました。

 

〜土間のあるお洒落でモダンな住空間「庭の景色を楽しむダイニング」〜

 

5年も前に竣工した物件が、現在においてもまだピックアップしていただけるのは光栄な話しです。賛否両論ありますが、暮らしを豊かにしてくれることは間違いないと思います。 

 

是非一度ご検討してはいかがでしょうか。

 

■homify 日本版

土間のあるお洒落でモダンな住空間「庭の景色を楽しむ土間ダイニング」

 


2018.03.21

日本版「homify」に当設計事務所が携わりました “通り土間のある家” のダイニングが掲載されました。

 

〜土間が繋ぐ空間!人!豊かな暮らしが実現!

「風情を感じさせながらテラスのような空間を作る役割」〜

  

■homify 日本版

土間が繋ぐ空間!人!豊かな暮らしが実現!「 風情を感じさせながらテラスのような空間を作る役割 」

 


2017.12

三井の戸建 建築アイデアコンペ つながる住まい

「イチ_マル_イチ のいえ」入賞

 

 六浦 基晴(m5_architecte一級建築士事務所)

 左嵜 晋吾(一級建築士事務所ArcheWorkShop) 共同設計

 

三井不動産レジデンシャル株式会社が、千葉県柏市の柏北部中央・こんぶくろ池東地区に計画予定の”ファインコート柏の葉キャンパス”におけますコンペ「三井の戸建 建築アイデアコンペ」に応募し、「イチ_マル_イチ のいえ」が入賞いたしました。

 

 

テーマは”つながる住まい”。

〜〜日進月歩でテクノロジーが刷新されていく中で、家を中心とした家族の暮らしは未来に向かって何を残し、何を変えていくべきか。緑あふれるこの環境とどう関わっていくべきか。暮らしは、家は、未来と、緑と、家族と、世代と、街と、歴史と、どのようにして「つながる」べきなのか。〜〜

 角地の特性を活かし隅地を仮想分断して「パブリック+プライベート」スペースを設け、地域性との共存を提案しました。

詳しくはプレゼン資料をご覧下さい。


2017.12.08

木材利用促進ため、林野庁などが主となり取り組んでいるコンペ「ウッドデザイン賞」の展示会に足を運びました。

エコプロ2017の一環として東京ビックサイトで開催されいます。

 

今回は入賞のみですが、まだまだ伸びしろのあるプロジェクトです。

皆さまご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

志摩クリエイターズオフィス 竹内千鶴

東原建築工房 東原達也(木の家ネット)

Arche Work Shop 左嵜真吾

m5_architecte一級建築士事務所 六浦基晴

 

部門:ソーシャルデザイン部門
分野:建築空間分野

作品名:「旧猪子家活用プロジェクト」~志摩・人の場所を編む~

 

1  2  3  4  5  6

→ HOME